9/27(水)第20回フェアウッド研究部会 「SDGsで自分を変える、未来が変わる」

※※こちらのイベントは終了いたしました※※

9/27(水)第18回フェアウッド研究部会 「SDGsで自分を変える、未来が変わる」
2015年秋に国連で合意されたSDGs=持続可能な開発目標。環境・CSR・開発分野に関わっている人であれば聞いたことのない人はいないほど知られているキーワードです。その内容は人や組織によって同じものは二つとないほど多種多様な分だけ、イマイチとらえどころのない考え方と見えるかもしれません。
そこで今回の研究部会では、ピコ太郎さんでも話題になったニューヨークの国連ハイレベル政治フォーラムの日本政府プレゼンやレセプションをプロデュースしたSDGsのエキスパートの川廷さんにSDGsを読み解いていただきます。ESG投資とエシカル消費、そしてフェアウッドというキーワードを絡めて、ご本人の日頃の活動とSDGsの関わり、どんなふうにSDGsを自分事として位置づけられているのか、たっぷりお話しいただきます。

写真:ピコ太郎さん国連本部へ行く(提供=川廷昌弘氏)


「SDGsで自分を変える、未来が変わる」

【日時】2017年9月27日(水)18:30~21:30(開場:18:00)
【場所】株式会社ワイス・ワイス(〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-12-7 2F)
【会費】3,000円(懇親会費1,000円を含む。当日受付でいただきます)
【アクセス】http://wisewise.com/about/shop/omotesando/

■プログラム
第1部:講演 「SDGsで自分を変える、未来が変わる」
   (川廷昌弘氏/博報堂広報室CSRグループ推進担当部長)
第2部:懇親会

■講師プロフィール
川廷 昌弘(かわてい・まさひろ)氏
川廷昌弘氏 1986年博報堂入社。「チーム・マイナス6%」の立ち上げ直後から関わり、環境コミュニケーション領域に専従。2010年「生物多様性条約締約国会議(COP10)」で「教育とコミュニケーション」決議で提言し成果を挙げ、国際自然保護連合教育コミュニケーション委員会メンバー。営利・非営利を問わず社会課題のCEPA(コミュニケーション・教育・普及啓発)のプロデュースを行う。現在は、SDGsが主要テーマで、グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンSDGsタスクフォース・リーダーを務める。一般社団法人CEPAジャパン代表、公益社団法人日本写真家協会の会員で写真家でもある。

■イベントチラシ
http://wisewise.com/wp/wp-content/uploads/2017/08/fw20.pdf

※※こちらのイベントは終了いたしました※※


◆関連情報
フェアウッド研究部会(http://www.fairwood.jp/consultation/kenkyu.html
原則、毎月第3木曜日の夜に開催しています。詳細が決まり次第、上記WEBサイトでお知らせしていきます。

更新:2017年08月23日