2/26(月)第24回フェアウッド研究部会 「国産材の出口戦略とフェアウッド」

第24回フェアウッド研究部会「国産材の出口戦略とフェアウッド」
「都市と森をつなぐ」をコンセプトに、国内11カ所、海外2カ所に「more treesの森」を展開、地域とともに森づくりに取り組んでいるモア・トゥリーズ。各地域から出てくる国産材を中心とした森の恵みを、都会、そして海外で注目を浴びる形で製品やサービスとして発信することのできる団体として、国内の森林地域からは常に熱い視線が注がれています。事務局長として国産材で作った製品の販路開拓に国内外を飛び回る水谷伸吉さんを講師に迎え、国産材の出口戦略をフェアウッド視点から考えます。
みなさまのご参加、お待ちしております。

「国産材の出口戦略とフェアウッド」

【日時】2018年2月26日(月)18:30~21:30(開場:18:00)
【場所】株式会社ワイス・ワイス(〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-12-7 2F)
【会費】3,000円(懇親会費1,000円を含む。当日受付でいただきます)
【アクセス】http://wisewise.com/about/shop/omotesando/

■プログラム
第1部:講演 「国産材の出口戦略とフェアウッド」
   (水谷伸吉氏/一般社団法人モア・トゥリーズ事務局長)
第2部:懇親会

■講師プロフィール
水谷 伸吉(みずたに・しんきち)氏
水谷伸吉氏 1978年東京生まれ。慶應義塾大学経済学部を卒業後、2000年より㈱クボタで環境プラント部門に従事。2003年よりインドネシアでの植林団体に移り、熱帯雨林の再生に取り組む。2007年に坂本龍一氏の呼びかけによる森林保全団体モア・トゥリーズの立ち上げに伴い、活動に参画し事務局長に就任。森づくりをベースとした国産材の利用促進のほか、カーボンオフセットや地域活性化なども手掛ける。

■イベントチラシ
http://wisewise.com/wp/wp-content/uploads/2018/02/fw24.pdf

お申し込みはこちらから



◆関連情報
フェアウッド研究部会(http://www.fairwood.jp/consultation/kenkyu.html
原則、毎月第3木曜日の夜に開催しています。詳細が決まり次第、上記WEBサイトでお知らせしていきます。

更新:2018年02月08日