7/14(土)-7/31(火) WISE・WISE toolsにて「陽射しに輝く 夏のジュエリー」を開催

※※こちらのイベントは終了いたしました※※

陽射しに輝く 夏のジュエリー
伝統的な装飾技術「蒔絵・漆」の手技を駆使しながらも、現代の感性で美しさを築く“ Classic Ko ”。
命あるものから生まれた素材による「呼吸するジュエリー」 “ su Ha(スハー)”。
夏の陽射しに輝く、2つの上質なジュエリーブランドをご紹介いたします。

みなさまのご来店を心よりお待ちしております。


「陽射しに輝く 夏のジュエリー」開催概要

【展示期間】2018年7月14日(土) – 7月31日(火) ★期間を延長しました!
【作家在店日】Classic Ko 7月14日(土)、su Ha 7月21日(土)・22日(日)
【場所】 WISE・WISE tools(東京ミッドタウン ガレリア3階)


■ Classic Ko(クラシック・コー)
Classic /クラシック=古典的な、一流の、時代に左右されない、
香(Ko)/コーとは、初代「大下雪香(せっこう)」より代々受け継がれる雅号であると同時にその人の美意識・感性を“香り”として纏う(まとう)という意味も込めています。
Classic Koは、伝統的な装飾技術、『蒔絵・漆』の手技を駆使しつつ、 現代に生きる人々の感性や感覚に訴える美しさを追求しています。

“Classic” means the greatest works of art, high quality and independence from the changing times.
“Ko” is the “gago” (pseudonym) used by the heads of the kobo from the first (Mr Sekko Oshita) to the fifth (current) generation (Mr Kosei Oshita). “Ko” also suggests a kanji (Chinese character) which means incense. As such, “Ko” is given a meaning that the head of the kobo should wear his own aesthetics and sensibility as his own incense.
Taking advantage of traditional decorating techniques “Maki-e* and Urushi”, Classic Ko is pursuing beauty attracting sensibility and feeling of modern people.


■ su Ha(スハー)
命あるものから生まれた素材によるジュエリー「su Ha(スハー)」。
日本各地の森や海から得た木や貝、珊瑚といった素材は、そのままでは荒削りで不揃いですが、削ったり磨いたりしているうちに、時空を超える命の美しさが現れ、息づかい(su Ha)や鼓動さえも聞こえてきます。
素材に宿る美しさを活かしたデザインと、日本の職人の繊細な手仕事が、ジュエリーひとつひとつに命を吹き込みました。

su Ha jewelries are made of materials that used to be living things, including woods, shells, amber and coral obtained from various places in Japan. They are originally rough and unsorted, but in the process of cutting, shaving and polishing them, beauty of life beyond time and space comes out. You can hear even breath and heartbeat. “su Ha” is Japanese onomatopoeia of breathing.
Collaboration of design, taking advantage of beauty dwelled in each material, and sophisticated handmade skill of Japanese craftsmen has breathed life into suHa jewelries.

更新:2018年06月21日