「WISE FORUM 2015」のご報告

18 3
幸せな未来を創造する
~ 国産材とビジネス ~

ワイス・ワイスは去る10月23日、東京青山の国連大学ウ・タントホールに企業個人合わせて約300名の方々の参加を得て「WISE FORUM 2015」を盛大に開催しました。ご来場頂きました皆様におかれましては、誠にありがとうございました。
今年のテーマは「国産材とビジネス」。国産材ならではの多面的な事業機会の拡がりと社会的な好循環が今後どのような社会的バリューをもたらし、未来を変えて行くのか、いま各方面で注目されるトップランナーの方々に熱く論じて頂きました。

口火を切ったのは河口真理子氏(NPO法人・社会的責任投資フォーラムの共同理事)。
「自然資本×ソーシャルビジネス=国産材」と題した第1部基調演説で、自然は生態系サービスという利益を生みだす資本としてこれを経済システムに組み込むのが新たな発想と説き、森の複合的価値を理解する人を増やしていくことの重要性を強調されました。

5
第2部は「違法伐採と国産材」。

FoE JAPAN副代表理事 三柴淳一氏は熱帯・亜熱帯を中心に森林が急速に減少し世界各地で気候変動が発生している現状と、違法伐採を止めるため罰則を伴うルールが既にEU、アメリカ、オーストラリアでは出来ている、日本も対策を強化して今すぐ森林の減少を止めなければならないと警告。

続いて壇上に立ったWCSCコンゴ共和国支部自然環境保全技術顧問の西原智昭氏からは、違法伐採とマルミミゾウ密猟がいかに熱帯林を脅かし森と人と生き物に深刻な影響を及ぼしているか生々しいレポートがされました。近年のエボラ出血熱大流行も、熱帯林が衰退した結果病原菌が人間と接触出来るようになったのが遠因との西原氏の指摘は衝撃的でした。

6
7
後半の第3部は「国と自治体の国産材への取り組み」。

林野庁木材利用課長吉田誠氏は公共建築の木造化、CLT(直交集成材)建築の本格導入、木造設計士の人材育成、木質バイオマスのエネルギー利用に本腰を入れ取り組む、と国の政策を力強く披露されました。
宮崎県諸塚村から駆けつけた矢房孝広企画課長は、九州限定の産直住宅で生産者と施主のお互い顔が見える関係を築いたことなどを例に「経済性よりも社会性を。人を育むのは自然」と熱く説かれました。

8_3
9

第4部は「いま来ている国産材」。

全国スギダラケ倶楽部を牽引する若杉浩一氏は、杉の魅力に取り憑かれ杉の魅力をアピールし日本中に杉のプロダクツを広めようと大奮闘中。公共施設、学校、企業への事例紹介の数々が大きな共感を呼びました。
(株)シェルター代表取締役木村一義氏は法的に実現可能になった14階建て木造高層建築、コンサート・ホールなど様々な中・大規模木造建築を建てた実績から木造都市を実現するのも夢ではないと確固たる信念を説かれました。
ワイス・ワイスからは、国産材で家具をと謳うグリーンプロジェクトを始めるに至った苦難の道程と地域材を使った家具作りの事例、そしてモア・トゥリーズから、地方材を使用した雑貨・ギフトの多彩な事例が次々紹介されました。

10_2
11_2
003
12
15
16
4 日本各地の木を使ったワイス・ワイスの家具が並ぶ。北海道のシラカバとオーク、宮城県のスギ、北東北のクリとオーク、宮崎県のクヌギとヒノキ。

ワイス・ワイスは“幸せな未来を創造する”をテーマとする「WISE FORUM」を来年も開催いたします。ご期待ください!!


◆講演資料◆

第1部 ◎基調講演:「自然資本 X ソーシャルビジネス = 国産材」
河口真理子 NPO法人・社会的責任投資フォーラム共同代表理事、大和総研 調査本部 主席研究員

第2部「違法伐採と国産材」
三柴 淳一 フェアウッド・パートナーズ、国際環境NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)副代表理事/事務局長
西原 智昭 Wildlife Conservation Society Congoコンゴ共和国支部 自然環境保全技術顧問

第3部「国と自治体の国産材への取り組み」
吉田 誠 農林水産省 林野庁 林政部木材利用 課長
矢房 孝広 宮崎県諸塚村企画課長 兼 地方創生担当課長

第4部 ◎テーマ「今来ている国産材」
若杉 浩一 パワープレイス株式会社 シニアディレクター プロダクトデザイナー、日本全国スギダラ倶楽部
木村 一義 株式会社 シェルター代表取締役
佐藤 岳利 株式会社ワイス・ワイス 代表取締役
水谷 伸吉 一般社団法人 モア・トゥリーズ 事務局長

第5部 ◎テーマ「国産材の出口と未来」
速水 亨 速水林業経営、株式会社森林再生システム代表取締役(資料は公開することができません)
山口 真奈美 株式会社 FEM代表取締役 株式会社Control Union Japan代表取締役