09セトレグラバーズハウス長崎

setre005-001 2015年3月にオープンしたばかりのホテル。世界文化遺産暫定リストの「旧グラバー住宅」のあるグラバー園や「大浦天主堂」など国宝、重要文化財が点在するエリアの中心に佇む、絶好のロケーションに位置しています。家具・インテリアにセンダンなど長崎県産木材をふんだんに使いました。

setre002 家具、内装材、食材など、出来る限り地元長崎を使うことで長崎に貢献すること。働く人、集まる人、泊まる人が自然につながる仕組みがあること。 そんなサロン的なホテルを目指そうと、ワイス・ワイスはこのオール長崎コミュニティホテルのリノベーションプロジェクトをプロデュースしました。

setre004 ホテルのラウンジは長崎県産のセンダンの木を使った家具でコーディネートされており、センダンの木にしっかり触れる、見ることができます。木材の特徴を十分に活かしながら内装との親和性にこだわりました。

setre003 setre001