リノベーションを行う理由とタイミング

リノベーションという選択がより活きる事例とは?
リノベーション・イメージ日々の暮らしの中、何かしらの理由で価値観が変わるとき、生活スタイルが変わるとき、自分自身が変わりたいと思ったときなど、ライフスタイルの変化に伴い、住まいのリノベーションを行うのが、もっとも最適なリノベーションのタイミングです。

事例 1 : 低コストで好みのライフスタイルを手にしたい
賃貸でアパートに暮らしていたが、毎月の家賃を支払うなら、マンションを購入しようと考えた。ただ、予算も限られていたのと、すべて自分の思い通りの住居にしたかった事から、中古マンションを購入し、リノベーションを行った。

事例 2 : いまある住まいを活かしたい
近い将来結婚する予定があるのと、親が定年退職を向かえ新たに住まいを変えることから、実家であったマンションを譲り受けることになった。最初はそれを売り、新しいマンションを購入することも考えたのだが、
 1)立地が非常に良い
 2)慣れ親しんだ家であり大切な思い出もたくさんある
 3)今後のライフプランを考慮した改築ができる
といった理由から、リノベーションすることに。

事例 3 : 新築物件では望めない最適な空間を手に入れたい
結婚しマンションを購入することを決めたが、新築だと初めからすべての間取りや水周りが決まっており、自分の思い描いた「空間」を造ることができない。できたとしても、予算が合わない。なので、中古を購入し、自分達の「空間」を創ることに。

事例 4 : 子どもが独立して夫婦二人暮らしになった
子供が就職し、家を離れた。今後、妻との2人の生活が始まることもあり、2人の生活・趣味・暮らしを第一に考えた住まいにし、2人が本当に豊かに暮らせる住まいにした。

事例 5 : 子どもが増えて現在とは異なる間取りが必要になった
二人目の子供が生まれ、家族が増えた。上が女の子、下が男の子であることから、それぞに部屋を持たせてあげたいのだが、現状の部屋の間取りだと、それぞれに部屋を割り当てることができない。さらに部屋をただ割り当てるだけでは子供との距離が遠くなると思い、リノベーションすることに。