【WISE・WISE Mail Magazine】September 2017

<2017.09.11発信>

残暑はまだ続きますが、やっと9月になりました。夏は外に出ると暑さで疲れてしまって、とにかく冷気ばかりを求めていましたが、これからは気温もだんだんと下がり過ごしやすくなってくる季節。実りの秋、食欲の秋、体育の秋、芸術の秋など、楽しみも尽きません。
楽しみなことと言えば、ワイス・ワイスでは11月以降、オリジナル家具の新シリーズを発売予定です!地域材を使い、デザインはもちろん触り心地や塗装にもこだわった、生活を豊かにする家具にご期待ください。

[Contents]
【おすすめ商品】国産棕櫚(しゅろ)で丁寧に作られた、人にも自然にもやさしい束子(たわし)
【おすすめ商品】食欲の秋に向けて カラフルな器で食卓に彩りを
【ご報告】FSC(R) CoC認証を取得いたしました
【ご報告】今年もやって来ました!諸塚村の小学生たち
【イベントのご案内】9/23(土)-10/1(日) 江戸結桶 桶栄 川又栄風展
【イベントのご案内】9/27(水)第20回フェアウッド研究部会 「SDGsで自分を変える、未来が変わる」


【おすすめ商品】国産棕櫚(しゅろ)で丁寧に作られた、人にも自然にもやさしい束子(たわし)

紀州野上谷産棕櫚束子 小
毎日使う生活道具だからこそ、愛着が持てて永く使えるものを。そんな想いを持つ私たちが、自信を持っておすすめしたいのが、和歌山県の高田耕造商店で作られる国産棕櫚束子(たわし)です。今ではほとんど手に入らなくなった貴重な純国産の棕櫚(しゅろ)繊維を使い、職人がひとつひとつ丁寧に手作業で巻き上げて作る束子は、コシが強いのに柔らかくやさしい感触です。使えば使うほど、繊維の先が丸くなってソフトな使い心地に。棕櫚の持つしなやかな繊維が汚れを優しく洗い上げるため、食器類やフライパン、野菜の皮むき、身体のマッサージまでと日々の暮らしの様々な場面でお使いいただけます。毎日使うものだからこそ、人にも環境にも優しく、納得して使えるものを選んではいかがでしょう。

>>紀州野上谷産棕櫚束子 小 2,916 円(税込)
>>紀州野上谷産棕櫚束子 まる 2,430 円(税込)
>>紀州野上谷産棕櫚束子 すみっこ 2,592 円(税込)

>>高田耕造商店についてはこちらから


【おすすめ商品】食欲の秋に向けて カラフルな器で食卓に彩りを

食欲の秋に向けて カラフルな器で食卓に彩りを
10周年記念アイテムでもご協力いただいた徳田吉美さん。今回は、「漆蒔」という、発色の美しい作品をご紹介します。漆蒔は、焼き物にテレピンオイルでゆるめた漆を塗り、その漆の粘着力を利用して絵の具を定着させる技法。徳田さんの工房がある岐阜県多治見には、明治から昭和40年頃まで多くの漆蒔上絵職人がいましたが、簡易な転写紙の開発により、経済効率の悪い漆蒔技法は廃れてしまいました。しかし、鮮やかなのにどこか哀愁があるような、独特の艶と深みを持つ漆蒔の色に強く惹かれた徳田さんは、手間のかかるこの技法を自力で習得していきます。作品が軽やかに見えるのが嬉しいという徳田さんの器は、食卓を明るく彩り、実りの秋をさらに楽しく盛り上げてくれます。

>>徳田吉美 漆蒔カップ ストライプ柄 3,564円(税込)~
>>徳田吉美 ブランチプレート 5,184円(税込)

>>徳田吉美さんのプロフィール・作品についてはこちらから
>>徳田吉美さんの工房取材記事はこちらから


【ご報告】FSC(R) CoC認証を取得いたしました

FSC CoC認証を取得いたしました
ワイス・ワイスは、2017年5月30日付けで国際的森林認証であるFSC(R) CoC認証を取得しました。(※ライセンス番号:FSC(R)C136217)
FSC(R)とはForest Stewardship Council(R)(森林管理協議会)の略称。1994年にカナダで創設された国際NGOで、世界各国の環境保護団体、林業関係者、先住民族などから構成されています。FSC(R)による認証には、木材を生産する森林の管理状況を対象とするFM(”Forest Management”)認証と、今回ワイス・ワイスが取得したFM認証された森林(ないしFSCの定める基準を満たした森林)から伐採された木材の流通・加工プロセスを対象とするCoC (“Chain of Custody”) 認証の2種類があります。FSC(R)認証は世界でもっとも権威があるとされる森林認証制度で、森林の環境保全に配慮し、地域社会の利益にかない、経済的にも継続可能な形で生産された木材にのみ与えられます。
ワイス・ワイスはこれまでフェアウッド(産地、流通過程等に問題のない木材)や国産材を使った家具づくりの過程で、関係者の顔が見える木材調達を心掛けて参りました。その結果、宮崎県諸塚(もろつか)村、岩手県岩泉町、三重県紀北(きほく)町の速水林業などFSC(R)認証を得た木材の調達を実現することができました。これからも全国各地で積極的に認証制度に取り組んでいる関係者との連携を深め、FSC(R)認証を得た木材による優れた家具づくりとその普及に取り組んでまいります。

【ご報告】今年もやって来ました!諸塚村(もろつかそん)の小学生たち

今年もやって来ました!諸塚村の小学生たち
宮崎県にある諸塚村は宮崎市から車で北へ数時間、人口1700人足らず、山間地が95%を占め昔から林業が盛んな村です。世界に認められる森づくりをしようと、国際的な森林認証(注)を取得して、村ぐるみで持続可能な林業経営を行っている先端的な村でもあります。
ワイス・ワイスでは2013年以来、諸塚村の木を使った家具作りを行っています。その縁で2013年以降毎年8月に、村の3つの小学校に在籍する6年生の来訪を受け入れ、村の木材で製作した家具などを教材に、木材のトレーサビリティ(産地や流通経路が明らかなこと)や環境保全の重要性を伝えるサマースクールを実施しています。今年も8月23日に元気いっぱいな小学生16名が、表参道のショールームを訪れました。今回は地元のテレビ宮崎の取材も入り、例年以上に賑やかなひとときを過ごしました。
サマースクールは、JVCケンウッド・デザインによるForest Notes(森の音)プロジェクトの紹介から始まりました。諸塚村で録音した鳥や虫の音が会場に流れると、たちまちそこはふるさとの森の中。子供たちも思わず笑顔になります。続いて、当社社長の佐藤が、諸塚村との縁やトレーサビリティの重要性を説明。佐藤の「村の素晴らしい点を教えて」という問いかけに対して、子供達からは自然、景色、水、食べ物等々、色々な答が返ってきましたが、なかでも「人と人とのつながり」という答えには、村と交流を続ける私たちも深く感じ入りました。今年で5回目を数えるサマースクールは、遥か遠くの諸塚村と、ものを作って売るだけでない、まさに「人と人とのつながり」を感じる関係に発展したことの象徴です。子供達の笑顔や歓声にあふれた夏の日のひととき、とても幸せな時間を過ごすことができました。こんな素敵な関係を、あちこちの産地と広げていきたいと思っています。

(注)森林の環境保全と、その森林から切り出された木材の流通や加工のプロセスに問題ないことを認証。諸塚村はFSC(R)(Forest Stewardship Council(R) 森林管理協議会)という世界的にもっとも権威ある森林認証を得ています。


どんぐり材で作った家具”MOROTSUKA”
<どんぐり材で作った家具”MOROTSUKA”>
村は、「ほだ木」を使う原木しいたけ(貴重品!)の栽培で有名。原木用のクヌギ、コナラ(実がどんぐりなので、「どんぐり材」と呼ばれる)は、直径20㎝を超えると重過ぎて規格外、廃棄となるため、それらの活用を目指すプロジェクトが2010年の夏にスタート。ワイス・ワイスは村役場、国際環境NGO「FoE Japan」、林業者、製材所、デザイナーなど多くの関係者と共に、3年かけてどんぐり材の家具を完成させました。「MOROTSUKA」のブランドで販売されている椅子と机です。今秋には新しいモデルの発売も予定されており、子供達はNew MOROTSUKAの試作品に座ったり、撫でてその感触を確かめたりと、興味津々の様子でした。

>>MOROTSUKAシリーズはこちら


【イベントのご案内】9/23(土)-10/1(日) 江戸結桶 桶栄 川又栄風展

9/23(土)-10/1(日) 江戸結桶 桶栄 川又栄風展
東京・深川で明治20年より130年の歴史を持つ、木工芸品専門店「桶栄(おけえい)」。四代目、川又栄風氏は丸太の玉切りから最終仕上げまで、全工程を丹念に手作業にて作られています。昔ながらの伝統技術はそのままに、現代の暮らしの中にも馴染むデザインや使い方を提案します。

◆展示期間:9月23日(土)~10月1日(日)
◆川又栄風氏在廊日:9月23日(土)・24日(日)  13:00~17:00
◆会場/WISE・WISE tools(東京ミッドタウン ガレリア3F)


【イベントのご案内】9/27(水)第20回フェアウッド研究部会 「SDGsで自分を変える、未来が変わる」

【イベントのご案内】9/27(水)第20回フェアウッド研究部会 「SDGsで自分を変える、未来が変わる」
2015年秋に国連で合意されたSDGs=持続可能な開発目標。その内容は人や組織によって同じものは二つとないほど多種多様な分だけ、イマイチとらえどころのない考え方と見えるかもしれません。
そこで今回の研究部会では、ピコ太郎さんでも話題になったニューヨークの国連ハイレベル政治フォーラムの、日本政府プレゼンやレセプションをプロデュースした、SDGsのエキスパートの川廷さんにSDGsを読み解いていただきます。ESG投資とエシカル消費、そしてフェアウッドというキーワードを絡めて、ご本人の日頃の活動とSDGsの関わり、どんなふうにSDGsを自分事として位置づけられているのか、たっぷりお話しいただきます。
みなさまのご参加、お待ちしております。

写真:ピコ太郎さん国連本部へ行く(提供=川廷昌弘氏)

◆日時:2017年9月27日(水)18:30~21:30(開場:18:00)
◆場所:株式会社ワイス・ワイス(〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-12-7 2F)
◆会費:3,000円(懇親会費1,000円を含む。当日受付でいただきます)

▼詳細はこちらから
http://wisewise.com/archives/20170823_01/

▼お申し込みはこちらから
https://wisewise.com/event/fairewood/apply/