『現代に蘇る刀剣。玉鋼包丁』販売とオンライントークショーご案内

『現代に蘇る刀剣。玉鋼包丁』

映画「もののけ姫」にも登場した「たたら製鉄」。
山深く豊富な森林資源と良質な砂鉄に恵まれた島根県奥出雲は、約1400年前から日本古来の「たたら製鉄」が盛んでした。大地の恵みを集め、三昼夜燃やし続けて炉に残る鉧(けら)の良質な部分を「玉鋼(たまはがね)」と呼びます。
日本刀と同じ原料を用い、日本刀と同じ工程を経て生まれた“玉鋼包丁”は、まさに現代に蘇った刀剣。“切られたことに気付かない”ほどの切れ味、日本刀の世界を体感することが出来る至高の和鉄包丁です。
【販売期間】 2021年9月15日(水)- 10月31日(日)
【販売方法】 ワイス・ワイス トゥールス 東京ミッドタウン店
▶営業時間 11:00 – 19:00 (※緊急事態宣言中につき時短営業中、販売期間・営業時間は状況により変更となる場合がございます) 
アクセス https://www.tokyo-midtown.com/jp/shops/SOP0000110/
▶お電話かメールでもご購入、お問い合わせ受けます
お電話 03-5647-8355(営業時間内) メール tools@wisewise.com


A:WISE・WISE 別注 鐵泉玉鋼 ペティナイフ (上記写真)    価 格:\143,000(税込)



『現代に蘇る刀剣。玉鋼包丁』 販売記念 
10月9日オンライントークショー

刀匠 小林俊司 氏 と ㈱田部 たたら事業部 井上裕司 氏 による対談

*参加お申込みはコチラ➢ https://wisewise.com/event/other/touken_2109


この度、WISE・WISE tools東京ミッドタウン店 『現代に蘇る刀剣。玉鋼包丁』 の販売を記念して、世界に誇る職人、刀匠:小林俊司氏と、たらら事業を牽引する㈱田部 井上裕司氏をお招きしてオンライントークショーを開催します。

今回のオンライントークショーは、大正末期に途絶えた「たたら製鉄」の和鉄製法の再興を挑戦するに至った田部の歴史と挑戦、刀鍛冶の精神や文化継承といった日本人の神髄を学びつつ、地域振興「たたらの里づくり」についてもお話しいただきます。

皆さまのこれからの暮らしや地域づくりに活かすヒントを見つけて頂ければ幸いです。
また、商品玉鋼包丁についても分かりやすく解説いたします。

【オンライントークショー概要】
開催日  :2021年10月9日(土) 14:00~16:00  (開場:開始の5分前)
会 場  :オンライン (*雲南市吉田町と東京をつなげます)
参加費  :無料
参加対象 :法人の方、一般の方
お申し込み:下記お申し込みフォームにアクセス 
https://wisewise.com/event/other/touken_2109
※お申込みいただいた方に後日、オンライン会場のURLをメールにてご案内いたします。(ZOOM利用予定)

<プログラム>
ゲストスピーカー:刀匠 小林俊司 氏、 ㈱田部 井上裕司 氏 
ファシリテータ―:㈱ワイス・ワイス 佐藤 岳利

【第1部】たたら製鉄 再興と挑戦      14:00~14:40 (40分)
【第2部】刀剣づくりについて        14:40~15:20 (40分)
【第3部】文化事業と地域振興のこれから   15:20~15:50 (30分)
【質問応答】               15:50~16:00 (10分)


▼登壇者プロフィール

刀匠 小林 俊司 氏 (こばやし しゅんじ)
玉鋼を扱い、美術刀剣を手掛けている奥出雲の小林家は、江戸時代中期から大鍛冶屋として一家を成し、その後、鍛刀の技を習得し刀工となる。
終戦後、刀剣づくりが絶えかけていましたが、昭和27年に作刀認可を受け、美術刀剣の刀工としての再び道を歩みはじめました。
大鍛冶技術の知識を兼ね備えた作刀の技術を3代目の小林俊司氏が受け継いでいます。

井上 裕司 氏 (いのうえ ゆうじ)
株式会社たなべたたらの里
社長秘書役 営業本部 部長
田部家は、江戸時代に全盛を極めた”たたら製鉄”を生業としてから550年。時代と共に変遷し、木炭、山林、木材事業とその裾野を広げ、現在は、生活に密着した事業、特に”食”と”住”に関わる仕事を中心に事業の幅を広りげています。外食・食品分野では、特産事業部により、平飼い飼育にこだわる「彩り天佑卵」やその卵を使った地域特産品の開発や販売を手掛け、「株式会社TANABE グローバルキッチン」においては、ケンタッキー・フライドチキン、ピザハットという2つの世界的ブランドを島根・鳥取・広島・岡山・兵庫・大阪と広域に展開しています。
住環境分野では「株式会社たなべの杜」により、永年の山林経営で培ったノウハウを生かした快適な住宅環境を提案しています。
さらに、私たちの原点「たたら製鉄」の復興により新たな産業創出と地域活性化のため、2021年10月1日「株式会社たなべたたらの里」を設立して、たたらを起点とした地域づくりに取り組んでいます。

▼関連情報
【ワイス・ワイス と たたらの里づくりプロジェクトについて】

  • たたら製鉄を核として、和鉄商材の販売にとどまらず、将来的にたたら体験ツアー、古民家再生、里での宿泊といった、奥出雲地域全体に及ぶ地域創生プロジェクトに発展してゆくことが計画されています。2018年5月には周辺自治体や経済界等で構成される「たたらの里づくりプロジェクト推進協議会」が発足、産学官の連携体制も整いつつあります。株式会社ワイス・ワイスはものづくりを通じて築いた地域創生のノウハウを提供すべく、同プロジェクトに参画しています。
  • 株式会社田部は2018年10月23日に、「たたらの里づくりプロジェクト」の一環として、島根県雲南市吉田町内にたたら商材を販売する店舗「奥出雲前錦屋 鐵泉堂(てっせんどう)」をオープン。玉鋼はじめ和鉄を用いた商品を展開しています。
    http://www.tessen-tatara.jp/
  • 地域創生・振興で理念を共有する株式会社ワイス・ワイスと株式会社田部は、「たたらの里づくりプロジェクト」をはじめ多様なプロジェクトを進めています。

 

『現代に蘇る刀剣。玉鋼包丁』 販売記念 10月9日オンライントークショー

*参加お申込みはコチラ➢ https://wisewise.com/event/other/touken_2109

更新:2021年09月10日