2022年5月13日(金)-5月22日(日)WISE・WISE toolsにてPOP UP SHOPのお知らせ「Classic Ko - 初夏の装いを愉しむ - 」開催のお知らせ



二十四節気が立夏へと変わり、暦の上では夏が始まるころとなりました。
薫風に新緑きらめく、一年で最も爽やかな季節。クラシック コーの制作する白蝶貝の装身具アイテムをご紹介します。
原素材を生かし伝統的な蒔絵と螺鈿で仕立てられた品々。世代を超えて永くお愉しみいただけるアイテムをぜひご覧ください。

Classic Ko POP UP SHOP 開催のお知らせ

【開催期間】
2022年5月13日(金)-5月22日(日)
【営業時間】
11:00-20:00

【作家在店日】5月13日(金)

※開催日時は情勢により、変更となることがございます。

【場所】
WISE・WISE tools(東京ミッドタウン ガレリア3階)

————————————————————

■ Classic Ko
蒔絵・漆ジュエリー / 石川県  Maki-e and Urushi Jewelry / Kaga Ishikawa
Classic/クラシック=古典的な、一流の、時代に左右されない、香(Ko)/コーとは、初代「大下雪香(せっこう)」より代々受け継がれる雅号であると同時にその人の美意識・感性を“香り”として纏う(まとう)という意味も込めています。
Classic Koは、伝統的な装飾技術、『蒔絵・漆』の手技を駆使しつつ、 現代に生きる人々の感性や感覚に訴える美しさを追求しています。

“Classic” means the greatest works of art, high quality and independence from the changes of the times.
“Ko” is the “gago” (pseudonym) used by the heads of the kobo from the first (Mr Sekko Oshita) to the fifth (current) generation (Mr Kosei Oshita). “Ko” also suggests a kanji (Chinese character) which means incense. As such, in this case, “Ko” is given a meaning that the head of the kobo should wear his own aesthetics and sensibility as his incense.
Taking advantage of traditional decorating techniques “Maki-e* and Urushi”, Classic Ko is pursuing beauty which attracts sensibility and feeling of modern people.
更新:2022年05月17日