子どもたちと考える 日本と地域の豊かな未来


皆さん、こんにちは!!

今年も宮崎県諸塚村から元気な小学6年生11人がワイス・ワイスにやってきました。
今回は武蔵野美術大学の教授、MOROTSUKAのデザインを担当して頂いた家具デザイナー小泉誠さんによる特別授業をして頂きました。

デザインってなに?家具って何?

みんなが安いものばかりを買い続けると未来の社会はいったいどうなってしまうの?
地域の伝統、文化、仕事が日本の地域社会からだんだんと消えて行っている現実。
森林など自然環境が不健康になってしまっている現実とどう向き合うの?
12歳の子どもたちと一緒に考える地域、環境、そして未来、大人たちにとっても貴重な時間になりました。

諸塚村との関係が始まって9年、子どもたちがワイス・ワイスに来るようになって6年の時が経ちます。最初にワイス・ワイスにやってきた子たちは既に高校3年生。
大学生や社会人に大きく育ったかつての小学6年生に再会し、諸塚村、日本の未来について改めて話をしてみたいなあ、一緒に何か出来たらいいなあ、そんな夢が膨らみます。


諸塚村の子供たち

- 2019年08月22日