【5/20更新】くまもと地震 被災地支援 情報センターを立ち上げました

KUMAMOTO_0520_400 4月14日(木)夜、熊本を震源とするとするマグニチュード6.5の地震は、16日(土)未明にマグニチュード7.3の地震を発生させ、熊本、大分を中心に死者45人、負傷者2000人以上と未曽有の災害となりました。
亡くなれた方には心から哀悼の意を表するとともに、被災された方皆様のご心痛をお察し申し上げます。
被災された地域の皆さまにもお世話になってきた株式会社ワイス・ワイスは、私たちに出来ることを現在模索しておりますが、その先駆けとして情報センターとして活動をはじめることとしました。
ここに現在、私たちが入手した情報を下記の通り公開させて頂きます。
被災地の皆さまの少しでもお役に立てますことを願っております。



くまもと地震 被災地支援情報

【1】<受付中> 5/20更新
平成28年熊本地震で被災し、家に帰れず車中泊やテント生活を余儀なくされている避難者の方々に仮設住宅ができるまでのつなぎとして木のテントを提供し、避難生活の質の向上を図るプロジェクトです。

▼木のテントプロジェクト
http://kinotento.jimdo.com/

【2】<受付中>
一般社団法人RQ災害教育センターでは地震発生直後より、被災地支援を行うための情報収集を開始し、九州の仲間たちとともにRQ九州 (仮名称)を立ち上げる準備をしており、現在皆さまに活動支援金のご協力をお願いしています。

▼RQ九州(仮)活動支援金受付開始
http://rq-center.jp/news/2005

▼RQ九州の活動報告 5/20更新
http://kyushu.rq-center.jp/

【3】<受付中>
株式会社ワイス・ワイスが所属している一般社団法人グリーン経営者フォーラムは、このたび被災した法人の松下修理事(松下生活研究所、グリーン九州代表、熊本市東区在住)を通じて、「ダイレクト募金」を被災地に直接注入することになりました。

「ダイレクト募金」の特徴は
1)日本赤十字など、被災者に届くのに時間が掛かる仕組みと違って、当面はほぼ毎日、お金を現地に送金します。
  ※手数料は一切取りません。100%、現地に届けます。
  ※寄付の税額控除は申し訳ありませんが、適用できません
2)お金の用途は、松下理事がフェイスブックやメルマガを通じて細かく報告していきます。
3)その他、現地の状況やニーズをオルタナオンライン(www.alterna.co.jp)上やメルマガでお伝えし、現金以外の「欲しい支援」「したい支援」の「ダイレクト支援マッチング」も展開します。
http://www.alterna.co.jp/17938

▼寄付受付口座
一般社団法人グリーン経営者フォーラム
(シャ/グリーンケイエイシャフォーラム)
 城南信用金庫渋谷支店(店番号025)普 428894

▼寄付先
松下生活研究所(松下修代表)
http://matsuken15.exblog.jp/
一般社団法人オルタナ(泉俊雄代表)
http://www.orutana.info/
 ※さらに増やす可能性があります。
寄付はグリーン経営者フォーラムの会員・非会員を問いません。
ご検討頂けますよう、心からお願いを申し上げます。
=================================================
一般社団法人グリーン経営者フォーラム
会長:徳江 倫明 代表理事:森 摂
理事:松下 修(グリーン九州)、松永 健一(グリーン関西)、
幹事:矢萩 大輔(グリーン関東)
東京都目黒区駒場1-26-10-304 株式会社オルタナ内
http://www.greenforum.biz
一般社団法人グリーン経営者フォーラムは、2015年に設立した、グリーンな価値観を大事にする経営者のネットワークです。今夏には、「CSR経営者フォーラム」と改称し、CSR/CSVの概念を全国の経営者と共有していきます。
=================================================

【4】<受付中>
宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町では、地下水の濁りによる給水活動は続いているものの、被害が少ないため、本日より近隣の熊本県の自治体の支援活動に舵を切ったとの情報が入ってきました。現在、熊本県への輸送網は復旧しておらず、輸送網が復旧している五ヶ瀬町が最前線となり熊本への支援をします。

支援物資送付に関する現地への連絡は弊社経由にてお願いいたします。
株式会社ワイス・ワイス
担当 佐藤岳利
電話 03-5467-7001


尚、現地が必要としているものは下記の通りです。
トイレットペーパー、ウェットティッシュ、生理用品、尿取りパッド、紙おむつ、タオル、水のいらないシャンプー、ボディーペーパー、歯ブラシ、マウスウォッシュ、ポリコップ、紙皿、サランラップ、割り箸、離乳食、無洗米、アルファー米、粉ミルク、飲料水、乾電池、カセットコンロ、カセットコンロ用ガス、蚊よけスプレー、ノーマット等、PPロープ、ブルーシート、透明ゴミ袋、ガムテープ(布)、手袋、ペット用品


【5】
<更新:4月21日20時22分 こちらの支援物資については一旦受け入れを停止しております。かなりの物資が予想され、様子を見たいとの連絡がありました。>
熊本市の松下修さんが 熊本市東区山ノ神2丁目9の16 松下生活研究所 を拠点に被災された方々に個別にケアをされている。
被災地では交通網と物資配給の仕組みの問題で、被災された方々に思う様に救援の食料が行き渡りません。そこで佐賀県在住の中村製材所の中村社長さんが、場所と運搬車の提供を申し出て下さり、そこを中継点として物資リレーが可能になりました。
現地で不足しているものは、水、食料(レトルト食品)、パン、お菓子、ウェットティッシュ、オシメ(高齢者用含)、生理用品、簡易トイレなどだそうです。

▼支援物資リレー中継点(配送の宛て先)
〒840-2102 佐賀県佐賀市諸富町為重385-2
中村製材所 中村展章宛 
電話 0952-47-3100


▼松下さんからの最新情報はこちらでご覧いただけます。
松下修 facebook


以上、宜しくお願い申し上げます。

株式会社ワイス・ワイス
代表取締役社長 佐藤岳利
社員一同


更新:2016年05月20日
更新:2016年04月22日
更新:2016年04月19日