10/25(水)第21回フェアウッド研究部会 「ボランティアによる森林保全活動から見る フェアウッド利用推進への課題」

※※こちらのイベントは終了いたしました※※

第21回フェアウッド研究部会 「ボランティアによる森林保全活動から見る フェアウッド利用推進への課題」
農山漁村と都市をつなぐことで持続可能な暮らしを再構築しようと20年に及び全国各地で活動を継続しているJUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
国産材割り箸の生産や森林の楽校(もりのがっこう)では、国内の地域とつながる森林保全に関わるきっかけを市民に提供しています。
このようなJUON NETWORKの活動について、その問題意識やこれまでの実績などをご紹介いただき、持続可能な森林資源の利用を目指すフェアウッドという視点から、国内の森林保全の課題とその解決への糸口などについてお話しいただきます。

「ボランティアによる森林保全活動から見る フェアウッド利用推進への課題」

【日時】2017年10月25日(水)18:30~21:30(開場:18:00)
【場所】株式会社ワイス・ワイス(〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-12-7 2F)
【会費】3,000円(懇親会費1,000円を含む。当日受付でいただきます)
【アクセス】http://wisewise.com/about/shop/omotesando/

■プログラム
第1部:講演 「ボランティアによる森林保全活動から見る フェアウッド利用推進への課題」
   (鹿住貴之氏/JUON(樹恩)NETWORK事務局長)
第2部:懇親会

■講師プロフィール
鹿住 貴之(かすみ・たかゆき)氏
鹿住 貴之氏 1972年生まれ。98年大学生協の呼びかけで設立された都市と農山漁村を結ぶJUON NETWORK(樹恩ネットワーク)に事務局スタッフとして参画。99年3月より事務局長。 その他、NPO法人森づくりフォーラム常務理事、認定NPO法人日本ボランティアコーディネーター協会理事、杉並ボランティアセンター運営委員等様々な市民活動に携わっている。著書に『割り箸が地域と地球を救う』(創森社・共著)等。

■イベントチラシ
http://wisewise.com/wp/wp-content/uploads/2017/10/fw21.pdf

お申し込みはこちらから


◆関連情報
フェアウッド研究部会(http://www.fairwood.jp/consultation/kenkyu.html
原則、毎月第3木曜日の夜に開催しています。詳細が決まり次第、上記WEBサイトでお知らせしていきます。

更新:2017年10月02日