パタゴニアと地域の木で夢が叶ったのだ


20年前、ワイス・ワイスを起業するにあたり、パタゴニアという会社が素晴らしいことを知り、夢中で会社を研究し、事業計画書を書き上げました。
いつの日か、パタゴニアのような会社になり、出来たらお仕事もご一緒させて頂けるようになるぞ!!と誓いました。
そして、とうとうその日がやってきたのです。
日本の地域の木をつかい、地域社会に環境に貢献すること。
このお店づくりをきっかけに、パタゴニアのお客さま、パタゴニアの社員たちが地域とつながること。
パタゴニア横浜・関内店のリニューアルオープニングに際し、感激のあまりひとり涙を流したのは言うまでもありません。

パタゴニア日本支社長の辻井社長、篠役員、担当の吉野さん、そして今回神奈川県のケヤキを調達、製材してくれた工房あしがらの小高社長と記念写真をパチリ。

パタゴニア日本支社長の辻井社長と
パタゴニア日本支社長の辻井社長と
パタゴニア日本支社の篠役員、工房あしがらの小高社長と
パタゴニア日本支社の篠役員、工房あしがらの小高社長と
神奈川県のケヤキを使った家具
神奈川県のケヤキを使った家具 神奈川県のケヤキを使った家具
レセプションパーティーの様子
辻井社長のご挨拶
- 2017年10月06日