8月1日(土)-10日(月・祝)WISE・WISE toolsにて「サブロウ 展」を開催

“ キルンワーク” の技法を用いて、カラフルなモザイク模様を描くサブロウさんのガラス器。
奥行きのある色合いは様々な食材を引き立て、まるで花が咲いたように日々の食卓を彩ります。

サブロウ 展 開催のお知らせ


【開催期間】 2020年8月1日(土)-10日(月・祝)

【営業時間】 11時-20時
       ※開催日時は情勢により、変更となることがございます。

【場所】   WISE・WISE tools(東京ミッドタウン ガレリア3階)

■ サブロウ Saburo
ガラス作家 富山県 Kiln-forming grass artisan
ガラスを窯の中に入れ少しずつ温度を上げながら作るガラス工芸の技法“キルンワーク”。
窯の中でガラスが溶けたり、曲がったりするそれぞれの温度があり、それらを組み合わせて作ります。
モザイク柄が印象的な「あふみ」や伝統的な切子のカットを施した「あやいと」等のデザインと、豊富な色のバリエーションが特徴です。「一つ一つの行為を大切にしたくなる道具や空間を提案する」そんなコンセプトをもとに製作しています。

Saburo uses “Kiln-forming” techniques, which make good use of different levels of behavior of the glass triggered by the heat. Depending on the heating stage, glass bends, deforms and becomes liquid in a kiln. Taking advantage of such properties of glass, kiln-forming glassware is made. We offer two kinds of Saburo’s colored glassworks: “Afumi (the old name of freshwater lakes)” patterned with mosaic and “Aya-ito (colored strings)” with traditional kiriko (cut-glass). Saburo’s concept is “I would propose glassware with atmosphere, which make your life more valuable.”

更新:2020年08月25日