10月8・9日『熊本地震・復興支援企画』セミナー開催

※こちらのセミナーは終了いたしました。
 たくさんのご参加、ありがとうございました。

10月8・9日『熊本地震・復興支援企画』セミナー開催 ワイス・ワイスでは、4月14日(木)夜発生した熊本地震以降、被災地の状況をお伝えしてきました。
10月8日、9日間の2日間、一般社団法人ゆずり葉主催によるセミナーを開催いたします。
「ゆずり葉の清水です。下記の内容にて、セミナーを行えればと考えております。一方的に私から熊本の状況をお話しするだけではなく、これからも起こるであろう災害や社会の変化を越えていくこと、私たちの暮らしを守り、幸せな社会を次世代にゆずり渡すために、今何が必要なのかを一緒に考えられる時間となれば幸いです。どうぞ、宜しくお願いいたします。」

*********************************
【テーマ】『~熊本地震・復興支援企画~
      4.14から始まった熊本地震を越えて。支え合うコミュニティづくりの復興』
【日時】10月8日(土)14時半~16時
    10月9日(日)10時~12時
    (講演:45分、質疑応答&意見交換45分)
【場所】株式会社ワイス・ワイス(〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-12-7 2F)
【スピーカー】清水菜保子
一般社団法人ゆずり葉 代表理事、熊本こども・女性支援ネット共同代表
1973年熊本生まれ。大阪外国語大学朝鮮語科卒業後、アミタ株式会社にて海外部門を担当。2001年オーストラリア・グリフィス大学にて環境教育修士課程を学び、2002年より熊本に戻り環境市民活動に携わる。3姉妹の母親の生活目線から、幸せな社会づくりの活動を行う。

【内容】
熊本県益城町(ましきまち)を震源とした4月14日の震度7の前震、4月16日の震度7の本震により多くの被害をもたらした熊本地震より約半年が過ぎようとしています。まず、全国・世界からたくさんのご支援を頂きましたこと、心より感謝申し上げます。
既にマスコミでは報道されることもなくなり、あたかも復興が終わったような感覚を持つ方も多いと聞きます。しかし、余震は2000回を超え、まだ安心できる状況ではありません。道のりの長い復興へ向けてたくさんの力が必要な熊本です。
今回、ワイスワイス様のご協力を得て、地震の発生時から緊急時、復興・復旧のプロセス、現在取り組んでいることを東京の皆様に知っていただきたく、被災者の一人として声を上げる機会を頂きました。熊本市東区(益城に隣接し、震源地より数キロ)で地震を体験し、改めて支え合う小さなコミュニティの強さを実感したお話をさせていただきたいと思います。人と人とのつながり、人と自然とのつながりある社会。そして、想いのこもった、次世代や未来につながり、人と人の関係を生み出す「温かいお金」を地域循環することを目指している一般社団法人ゆずり葉(顧問:内山節)の活動についてもご紹介いたします。
これからまた全国のどこかで起こるであろう災害、社会的な大きな変化を乗り越えるには?私たちの未来をどう参加者のみなさまと一緒に考える時間となれれば幸いです。
更新:2016年09月30日