新年早々、佐々木芽生さんにチャレンジパワーを注入されました。


毎月一回ワイス・ワイスの2階で開催されるテンポロジー・サロン「女性こそ未来なのだ!」、ゲストスピーカーに佐々木芽生さんをお迎えして年明け一回目の講演会&交流新年会が開催されました。
インドで全てを無くして自由を手に入れたお話し。NYにてドキュメンタリー映画「ハーブ&ドロシー」製作課程において、障害や問題にぶち当たながらご自身が成長していったお話などをじっくり1時間ご講演頂きました。「お金が無くても情熱があれば何でも出来るのだ!!」という実話の数々に驚き、感動し、そして深く納得。
最後に、現在製作中の捕鯨問題をテーマにするドキュメンタリー映画のお話し。あまりにも深遠でチャレンジングなお話に、ご出席の40名の皆さんと深夜まで議論がヒートアップしたのでした。皆さまも是非今年の佐々木芽生さんの動向にご注目頂きまして、応援頂けますよう私からもお願い申しあげます。頑張れ~芽生さん!!

- 2015年01月07日