Living with Fairwood フェアウッドを、常識に。

日本の豊かな森。
そのままにしておくのが
良いことだと思っていた。

食品や服には原産国が
記されているのに、
木にないのはどうしてだろう?

日本の木が
余っているなんて
思ってもみなかった。

「なんの木?」は気にするのに
「どこの木?」は気にしていなかった。

世界では
「木を伐りすぎている」という
森林破壊が進んでいる。

日本では
「木を伐らない」という
森林破壊が進んでいる。

ボルネオ島の森林減少
日本国土の約1.9倍あるボルネオ島は、いま森林破壊の危機に瀕しています。
パームオイルプランテーション等の開発と、輸出用の木材調達のための過剰な伐採や違法伐採が要因です。
日本の森林蓄積
価格が安い輸入材に圧され、日本の森林は活用されず、蓄積の一途を辿っています。
つまりそれは、森に手が入らず、日本の森が不健康な状態になっていることを表しています。

ワイス・ワイスの答え

私たちは知りませんでした。
違法伐採が、熱帯雨林に住むオランウータンたちの命を奪っているということを。

間接的とはいえ、その行為に、私たちが加担していたということを。
その積み重ねが、地球規模の環境破壊を招いているということを。

目の前にある椅子に使われている木材、それがどこからやって来た「木」なのか、
そんなことさえ知らないままに、私たちは過去、家具づくりを行っていたのです。

大切なことに「気づく」、それで終わらせない。大切なことを「築く」、それを始める。

私たちは「違法伐採の可能性がある木材」はいっさい扱わず、
トレーサビリティが明らかな「フェアウッド」のみを家具づくりに使用すると決めました。

どんなにデザインの良い椅子でも、
その木のルーツ次第では、「座り心地」というものは変わってくる。
「なんの木?」を気にするくらい、「どこの木?」も気にする社会になりますように。

森と人をつなぐ「フェアウッド」を、常識に。
それが、私たちワイス・ワイスの使命です。

フェアウッドとは何か?

「フェアウッド」を直訳すれば「正しい木」。

伐採地の美しい森や、地域の人々と共にある木材のことです。

違法伐採ではない合法な木材、行き場のない古材・廃材を再利用した木製品、
繋がりのある森林から生産された、国産材・地域材を使用していくこと。

ワイス・ワイスはフェアウッドを通して、豊かな社会と美しい森を次世代に届けます。

ワイス・ワイスのトレーサビリティ

「繋がっていること」こそが、
 ワイス・ワイスのトレーサビリティ。

「フェアウッド」を常識にしていくための大切な第一歩がトレーサビリティです。

トレーサビリティとは、日本語で言うと「追跡可能性」。家具に使われている木が、どこからやって来たのか。誰が製材し、誰が加工しているのか。家具というかたちになるまでのプロセスを追跡可能な状況にすることを言います。

もちろんこれらのプロセスは、証明書といった書類でも明らかにすることはできますが、ワイス・ワイスは山へ直接足を運び、地域の人たち、森を育てる人たち、職人たちと会い、現場で丁寧に「自然と人」「人と人」の関係を築いていくことにこだわっています。

ワイス・ワイスのフェアウッド調達ネットワーク

Fairwood Network

ワイス・ワイスが、様々な地域のニーズに的確に対応できる理由。

それは国内外に築き上げた、広大なフェアウッド調達ネットワークがあるからです。

日本では、林業家、森林組合、製材所、家具工場などからなる全国100箇所以上のネットワーク。海外は25カ国以上から50種類以上のフェアウッドを取り揃え、様々なニーズに合わせた選択肢をお届けします。

この“繋がり”こそがワイス・ワイスの最大の価値であり、誇りなのです。

「自然と人、人と人、
 地域と都市」を結び直す。

現在、日本では海外から輸入された安価な木材におされ、林業の廃業や後継者不足などを理由に、手入れが行き届かない森が各地にたくさん広がっています。そんな行き場を失った木々たちに光を当てたい。

ワイス・ワイスは、長い時間をかけて日本全国を渡り歩き、想いを共有する林業家、森林組合、製材所、家具工場の方々とネットワークを築き上げてきました。

全国津々浦々の国産材を使うことを通じて、「自然と人、人と人、地域と都市」を結び直し、誰もが豊かさを実感できる社会を創っていくこと。それがワイス・ワイスのミッションです。

全国47都道府県の 木材調達ネットワーク